×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーパーラジコン ヘリコプター
スーパーラジコンヘリコプターをご存知でしょうか。
スーパーラジコンヘリコプターについて詳しく紹介します。


ヘリコプターとは
ヘリコプター(英:Helicopter(口語)Chopper)は、航空機の一種で回転翼機に分類される。エンジンの力で機体上部にある細長い、ローターや回転翼と呼ばれる翼を回転させ揚力を得て飛行する。垂直方向にも運動が可能なため狭い場所でも離着陸できる。

日本語では「ヘリ」や「ヘリコ」とも呼ばれる。ヘリコプターの名前はギリシャ語の螺旋(
helico-)と翼(pteron)に由来する。ヘリコプターの操縦系統は固定翼機の操縦桿に代わり、前後左右への進行方向操縦は右手でサイクリックコントロールスティック(サイクリック)を操作してメインローターの回転面の傾きを調整して行い、上昇下降方向の操縦は左手でコレクティブピッチレバー(CP)を操作してメインローターブレードの迎え角を増減して行う。

またローターの回転軸を中心にした機首方向の調整は両足を用いてラダーペダルを操作し、テールロータブーレードの迎え角を増減させて行う。一例として、ヘリコプターの単発エンジン搭載のシングルメインローター(ローター回転方向は機体を上から見て反時計方向)という条件であれば、上昇のため
CPを引き上げるとメインローターのトルクが増大して機体が右に回り始めようとするので、ヘリコプターの機首方位を保つために左ラダーペダルを踏み込みテールローターの推力を増大させてこれを打ち消す必要がある。

同時にヘリコプターのテールローターの推力が増大すると機体が右側進を始めるので(ドリフト)、ヘリコプターのサイクリックを左に操作して右側進を止めなければならない。これら一連のヘリコプターの操作をカップリングという。全ての飛行状態において両手両足で
3つの舵を調和させて操縦しなければならない。
迷彩柄 ラジコンヘリコプター 





ヘリコプターの歴史

ヘリコプターの歴史ですがヘリコプターは、16世紀、レオナルド・ダ・ヴィンチが最初に構想した(この構想図を基にしたマークが、かつて全日空の機体の垂直尾翼に描かれていた)。

しかし、当時はヘリコプターは空想上の産物でしかなく、そのヘリコプターの構想が現実味を帯び始めたのは
20世紀になってからであった(かのトーマス・エジソンも燃焼の反動を利用したヘリコプターを研究したが、爆発事故が発生したため(負傷者なし)、研究を打ち切っている)。

ヘリコプターは
1907年フランスのポール・コルニュ(Paul Cornu)が約2mの高さで20秒間のホバリングに成功した。 実際に、きちんと飛行できるヘリコプターが最初に飛行したのは、ハインリッヒ・フォッケにより1936年にベルリンで開発されたFocke-Wulf Fw61である。ロシアから米国へ亡命したイゴーリ・シコルスキーもヘリコプターのパイオニアの一人で単ローター、尾部ローター付という、現在のヘリコプターの主流の形式のVS-3001939年に初飛行させた。

このヘリコプターの発展型が第二次世界大戦末期に米軍で用いられたといわれる。ヘリコプターの軍事目的では、英領マレー(現マレーシア)での対ゲリラ戦や朝鮮戦争から利用されているが、本格的なヘリコプターの運用としてはベトナム戦争が初めてである。

日本ではヘリコプターが第二次世界大戦中にもあったが
1988620-19911018日まで、シティエアリンクがヘリコプターによって羽田空港と成田空港を結ぶ路線を運行していたが、一般の飛行機に比べ騒音や運行コストが高く、ヘリコプターの航空路線としては不採算なため廃止となった。




2000円ラジコンヘリコプター


スーパーラジコン 
スーパーラジコンの魅力
スーパーラジコン 
ランボルギーニ・ガヤルド
スーパーラジコン 
ヘリコプター
スーパーラジコン 
エアロアールシー
スーパーラジコン 
スーパーラジコンの楽しみ方
スーパーラジコン 
ホンダ・フィット
スーパーラジコン 
コンコルド
スーパーラジコン 
戦艦大和






Copyright(C) スーパーラジコン ヘリコプター All rights reserved